◎SPONSOR

  • エイ出版社
  • オーディオテクニカ
  • リットーミュージック
  • ヤマハミュージックメディア
  • プレイヤー・コーポレーション
  • シンコーミュージック
  • ボーズ
  • コールマン
  • ノースフェイス

◎LINK

  • トナオ・タイムズ
  • ギターラボ

FRIENDS

Thanks to our Friends

多くの企業とスタッフの熱意、そして友情に支えられ、
“マーティン・クラブ・ジャパン・リバース・ツアー”は成り立っています。

SPONSOR

エイ出版社

ニュースレター『MARTIN CLUB』を発行している出版社。『丸ごと一冊マーティンD-28』等の本でマーティンファンにはお馴染み。フリーマガジン『everblue』ではマーティンの連載で木材の重要性をアピール。リバースツアーのスポンサーとしてマーティンクラブの活動を支え続けています。

オーディオテクニカ

マーティンのアコースティックライヴに欠かせないマイクシステムを提供してくれているオーディオテクニカ社。ライヴではコンデンサーマイク AT4050 を常に使用。完全なアンプラグド・ライヴが少ない現在、マーティンクラブはオーディオテクニカ社と共にマイクサウンドにこだわり続けています。

リットーミュージック

『アコースティックギターマガジン』を発行している出版社。この本はマーティンギターのプロモーションにとって重要な媒体であり、常に二人三脚でアコースティックファンへ新鮮な企画と情報を提供しています。09年1月にはマーティン社メキシコ工場を訪問し、世界初の特集を行いました。

ヤマハミュージックメディア

10代のギターファンのバイブル誌『ゴー!ゴー!ギター』を発行しているヤマハミュージックメディアは、リバースツアーに同行し、全国各地の若いファンを中心に誌面で特集するなど、スポンサーとしてマーティンクラブの活動を支援しています。マーティンと若い世代の橋渡し役として重要な役割を担っています。

プレイヤー・コーポレーション

ギター業界の老舗媒体『プレイヤー』を発行する出版社。
常にマーティンクラブジャパンの動向に注目しバックアップしてくれています。独自の切り口でロックなアコースティックギターのイメージを提供し、マーティンギターはフォークソングやフィンガーリストのためだけでないことをアピールしています

シンコーミュージック

海外のルシアーの紹介を中心に、常に独自の視点で世界中のアコースティックギターを紹介する『アコースティックギターブック』を発行している出版社。マーティン社のアーティストリレーション責任者ディック・ボークと親交が深い現地のライターと共に、マーティン社の新鮮な情報を紹介しています。

ボーズ

ボーズが開発したライヴ用のスピーカーシステム L-1 を使用し、マーティンギターショウに来場したファンに手軽にライヴが出来る環境を提供。 L-1 は細長い筒状で場所を選ばず、最高の音響システムとして世界中の音楽ファンから注目を浴びており、弾き語りで使用するのにベストなシステムです。

コールマン

「自然を感じる」をテーマにキャンプイベントを手がけるコールマン。自然の中でギターを弾いたり歌ったりしながら、自然の素晴らしさを知るイベントで出会いました。08年にはコールマンのキャンプイベントにマーティンクラブも参加。ギターショウで使用しているテーブルなどはコールマンのものです。

ザ・ノース・フェイス

アスリートに愛され続けているアウトドアメーカーの中で常に最も注目度の高いノースフェイス。07年に箱根で行われたノースフェイスのマラソンイベント、トレイルランのゴールでアスリートたちに素敵な音楽を提供するという企画で意気投合。斎藤誠の『Waltz In Blue』がアスリートたちを称えました。


LINK

トナオ・タイムズ

『僕のマーチン君』の著者、田村十七男さんがさまざまなカルチャーを融合させているウェブサイト。彼ならではの楽しく愉快なサイトで、広く人気を集めています。マーティンの一気弾きや、マーティンクラブでもお馴染みの女性アーティストLeyonaの連載もあり、マーティンの情報が発信されています。

ヤフオク! ギターラボ

斎藤誠さんの音楽の旅日記『斎藤誠とマーチン君』を連載中のウェブサイト。リバースツアーの模様が掲載されており、ツアーの裏話が満載。誠さんとマスコット人形マーチン君が繰り広げる愉快な会話が人気を呼んでおり、誠さんの音楽バカぶりも楽しい。ぜひ一度覘いてほしいサイトです。